自由研究対策! シルラボ特製 (ある意味痛)下敷き作成講座


今年も暑い夏がやってまいりましたが、皆様ご機嫌いかがでしょうか。

シルラボでは夏休み特別企画として、今年も『超』格安で電子顕微鏡の観察パックを発売することが決まりまして、現在その準備を急ピッチで進めているところです。

この観察パックは、元々は学生の皆さんの自由研究をサポートするために企画された商品なのですが、今回やぎーはこの夏休み特別パックで得られる画像データの新たな使い方を皆様にご提案すべく、こうして筆を執っている次第でございます。

なお、発案段階ではいくつか候補があったのですが、
・「手軽に実現できること」
・「自由研究や工作のお供として添えることが可能なこと」
・「(やぎーの)お財布にやさしいこと」
以上3点の全てまたはいずれかに難があり、最終的に残ったのはこれから紹介するもの一つです。
その点を予めご了承いただければと存じます。

 

電子顕微鏡画像の新しい使い方

それでは参りましょう。
最終的に残った案、それは夏休み特別パックの対価として得ることができる、電子顕微鏡で撮影した画像データを使っての自作「(ある意味痛)下敷き」です!
・・・
・・

ちょ、ブラウザバックしないで!タイトル詐欺じゃないから!
本当の痛下敷きの作り方とは、ラベルフィルムに印刷するものの違い位しかありませんから、今しばらく、今しばらく辛抱してください。

 

使用する材料

それでは気を取り直して。
今回使用する材料は以下3品です。
・透明下敷き
・ラミネーター不要のラミネートフィルム
・透明ラベルフィルム(ご自宅のプリンタのインクに対応しているもの)

全て100円ショップで手に入る可能性が高いので、まずはお近くの100円ショップを何店舗か回ってみてください。
用意する材料(透明下敷き、ラベルフィルム、ラミネートフィルム)

 

そうそう、1点注意事項があります。ラベルフィルムを購入する際は、ご自宅のプリンタのインクに対応(プリンタのインクには、主にがあります)している製品化どうかをきちんと確認してから購入するようにしてください。これを間違えると、インクが透明フィルムに定着せず全く印刷できない可能性があります。

また下敷きは、B5のほうが小さいぶんだけフィルムが貼りやすくおすすめ(B5のフィルムが手に入らなかった場合は、自分でカットしましょう)です。
( ちなみに、ヤギーの自宅近所では下敷きとラミネートフィルムは手に入りましたが、画像データを印刷する透明ラベルフィルムが手に入らず、別途Amazonで購入してきました。 )

 

使用する道具

続いて使用する道具ですが、画像データを透明ラベルフィルムに印刷しますので、パソコンとプリンタが必要です。

・パソコン
・画像データが印刷できるプリンタ

 

(ある意味痛)下敷き作成手順

材料と道具は揃いましたか?
準備が整ったら、さっそく(ある意味痛)下敷きの作成に取り掛かりましょう。

 

透明ラベルフィルムに電子顕微鏡画像データを印刷

まずは透明フィルムに画像データを印刷します。
プリンタの印刷品質を最高に設定して、ちゃちゃっと印刷しちゃいましょう。
そうそう、印刷が完了したからといって、すぐに次の作業にとりかかるのはNGです。
ラベルフィルムを下敷きに貼る際に、多少擦っても問題無いよう十分な時間を置いて乾燥させましょう。

 

下敷きに透明ラベルを貼り付け

インクが十分に乾燥したら、下敷きに透明フィルムを貼り付けます。

今さらっと書いたので簡単だと思いました?

実はこれ、スマホの保護フィルム貼りが朝飯前に思えるほどに難しいんです。
安易に始めると、こんな結果が待っていますのでご注意ください。
かつてSEM画像データが印刷されたラベルフィルだったものの残骸

 

この惨劇を見て、やぎーの席の近くにいたフィルム貼りの達人ヒロが『水貼り』という方法を伝授してくれました。
ただし、プリンタのインクが『染料』タイプだった場合、水に塗れた所から印刷面がにじんできますので注意してください。

なお、今回シルラボで使用したプリンタは『染料』タイプのインクだったため、『水貼り』を避けてオーソドックスな方法を採用することにしました。

 

比較的簡単に、それなりにうまく貼る方法

その方法ですが、まずはラベルフィルムの角を1cm程度台紙から剥がします。
まずは角の部分だけを剥がします

 

次は下敷きの埃をはらって机の上に置き、さらにその上に、先程のラベルフィルムと角が合うように重ねます。
角が揃ったら、台紙を剥がしてある部分をえいっと貼り付けましょう。
下敷きの上にラベルフィルムを載せて角合わせが済んだら、台紙を剥がしてある部分をえいっと貼り付けます

 

角が決まったら、少しだけ貼り進めます。
角が決まったら少しだけ貼り進めます

 

貼りあわせた面積少しが増えたら、次は一番近い角を目標に貼り進めます。
上の画像のようにいきなり対角に向かって貼り進めると、途中でしわができる可能性が高いので要注意です。

一番近い角まで貼り進んだら、後はそのまま並行に少しずつ慎重に貼り進めていきましょう。

 

指でなぞりながら慎重に。
指で押し当ててながら慎重に

 

布をあてて貼るのもいいかもしれません。
角が2箇所決まったら、後はそのまま並行に貼っていくだけです

 

何とか無事に貼り終えました。
こつは、
『埃が少ない場所で作業すること』
『多少の気泡が入っても気にしない』
ことでしょうか。
埃については、お風呂などで作業するとうまくいくケースが多いです。
気泡は後から針で刺せばかなり綺麗に除去できます。
何度かやってみると要領が分かってくるかと思いますので、失敗を恐れずにチャレンジしてみてください。
なんとか無事に貼り終えました

 

ラミネートフィルムの貼り付け

ラベルフィルムの貼り付けが終わったら、印刷面を保護するため、さらにその上にラミネートフィルムを貼り付けます。
要領ラベルフィルムの時と同じですので、先程同様慎重に作業してください。おそらくは、ラベルフィルムを貼るよりも簡単ですので頑張ってください。
貼り終えたらはみ出した部分をはさみ等で切り落として完成です!
ラベルフィルムの上からラミネートフィルムを重ねて貼り付けます

(ある意味痛)下敷きが反ってしまった場合は

下敷きが反ってしまったりした場合はドライヤー等で熱を加えた後反った方向と逆方向に曲げ、下敷きの歪みを調整します。
ある程度直ったら、分厚い本に挟むなどして寝かせます。30分ほど経ったら取り出して歪みが改善されているか確認してみてください。
反った部分にドライヤー等で熱を加えた後逆方向に曲げ、歪みを調整します

最後に

いかがでしたでしょうか。
夏休みの自由研究では『○○の観察記録』などが定番ですが、観察記録の中に電子顕微鏡の画像が混じっていたり、さらに自作の下敷きなんかがあったりすると、定番の中にも他の自由研究とは違った味が出せるんじゃないかと思います。
下敷き作りはコツを掴むまで少し材料を無駄にするかもしれませんが、慣れてしまえば作業時間は1時間程度で済むのでお手軽です。

 

冒頭にも書きましたが、現在シルラボ・アカデミーでは、夏休み特別企画として破格のお値段で電子顕微鏡の撮影サービスをご提供すべく、急ピッチで準備が進められており、後は商品ページが完成するのを待つばかりです。

あと数日のうちには発売開始のご報告ができる段階まで準備が進んでおりますので、
自由研究ネタに困ったら、いやネタに困らなくてもぜひお申込みください。

それでは皆様、ご利用お待ちしております!

 

 

完成した(ある意味痛)下敷き その1
(ある意味痛)下敷き完成!_1

 

完成した(ある意味痛)下敷き その2
(ある意味痛)下敷き完成!_2

The following two tabs change content below.
ヤギー

ヤギー

<お仕事>シルラボのweb担当   <専門> web系エンジニア  <趣味>ネット、Androidアプリ開発、自転車、将棋、写真  <特徴>燃えあがれ!我が内臓脂肪!!
ヤギー

ヤギー

<お仕事>シルラボのweb担当   <専門> web系エンジニア  <趣味>ネット、Androidアプリ開発、自転車、将棋、写真  <特徴>燃えあがれ!我が内臓脂肪!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)