水耕栽培と土耕栽培、なるべく同じ条件で水菜を育てて分析し、含まれるミネラル成分を比較します!(種蒔きから0週目)


最近すっかり寒くなりましたね。
自宅で「もうそろそろコタツ出そうよ」と主張するも、「コタツムリが大量発生するから無理!」と拒否され困っているヤギーです。
ところで皆様、最近巷では水耕栽培の注目度が飛躍的に高まっているのをご存知ですか?「LEDと水耕栽培で植物工場!」なんてニュースも流れているので耳にした方も多いはず。家庭用のLED水耕栽培セットも販売されていて、これがまた結構な人気商品になっているそうで注目している方も多いのではないでしょうか。
と、いきなりこんな話題を持ち出したのも私もその一人なのが原因だったりするわけですが・・・

水耕栽培は土耕栽培に比べて味が落ちる?

家庭用のLED水耕栽培セットに手を出そうか迷いながらネット上の情報を漁っていたところ、ある日気になる記事を目にしました。
水耕栽培と土耕栽培の違いについて調べていた時のことです。

・水耕栽培は連作障害を気にする必要が無い。
  「へー」(私の心の声)
・水耕栽培は害虫や病気が発生し辛い。
  「へー」(私の心の声)
・水耕栽培は土耕栽培に比べて味が落ちる。
  「うそー」(いつの間にか声に出てた)

一つ目、二つ目は知識が無いながらもなんとなく納得したものの、三つ目は?
疑問が頭を離れないまま数日が経ったある日、ふとひらめきました。

「水耕と土耕で同じ野菜を育てて成分を比較したらおもしろそうじゃん!」

土耕栽培と水耕栽培で、含まれるミネラル量に違いは出るのか?

これまでに集めた情報からすると、育てる野菜は季節的にも難易度的にも水菜が良さそうです。
味の直接比較は主観的なものになってしまうので成分の比較ならばと考え、早速水菜の成分表をメモして聞いてみるとビタミンなどの分析は難しいがミネラルなら・・・とのこと。

というわけで、前置きがとても長くなりましたが

「水耕栽培、土耕栽培それぞれの野菜のミネラル成分を比較してみる」

ことになりました。
ただ、水菜を育てるのに少し時間がかかるので、しばらくの間は水菜の育ち具合をアップしていきたいと思います。

ちなみにどんな環境で育てる予定かと言うと、100円ショップにあるような間仕切りのある小物入れの片一方に土を敷き詰め、もう片一方には水をいれて水菜を栽培します。
言葉で説明するより実際に見てもらったほうが早いですね。
こんな環境で育てていくつもりです。屋外には出さないのでハウス栽培などに近い環境になるんでしょうかね。
土耕栽培・水耕栽培の栽培環境
肥料は同じもの(水耕栽培で定番の液肥)を同じだけ与え、夜は私のデスクの上に、出社と共に南向きの窓際に置くようにすれば多分育つでしょう。

そもそも水菜はちゃんと育つんでしょうか・・・

思いつきで始めたこの企画、私が水菜をちゃんと育てられることが前提になっていますが、果たして枯らさず腐らせずに育てることができるのでしょうか?
成分比較もそうですが、それ以前に「水菜がきちんと成長するのか」にも注目していただけれるとうれしいです。
そもそも芽が出ない、水不足、根腐れ、肥料のあげ過ぎで枯れてしまうなど、企画倒れになる要素満載ですが頑張ります!

園芸もさっぱりやらない素人ですが一応予想などを

最後にせっかくなので事前に結果を予想しておきましょうか。
私の予想ですが、基本的に同じ肥料と同じ光量なら同じように育つんじゃないかと思っています。同じように育てば含まれる成分や味もだいたい似通ってくるはず。

でもまてよ、水耕と土耕で養分の吸収効率の差が大きいようならそれが影響するかも・・・ん、ってことはやっぱり食べ比べもしないとだめか?
まぁいいか、成長するまでまだ時間はあるし食べ比べはそれまでに考えよう。

というわけで次回更新は芽が出た頃を予定しておりますが、何時までも更新が無い場合は発芽に失敗していると思って笑ってください。
それでは、今日のところはこのあたりで失礼します。

参考資料:水菜(京菜)の成分表
—————————————————————————–
水菜(京菜)の成分(可食部100gあたり)
葉(生)
ナトリウム : 36.00mg
カリウム  :480.00mg
カルシウム :210.00mg
マグネシウム: 31.00mg
リン    : 64.00mg
鉄     : 2.10mg
亜鉛    : 0.50mg
銅     : 0.07mg
マンガン  : 0.41mg

葉(ゆで)
ナトリウム : 28.00mg
カリウム  :370.00mg
カルシウム :200.00mg
マグネシウム: 25.00mg
リン    : 64.00mg
鉄     : 2.00mg
亜鉛    : 0.20mg
銅     : 0.05mg
マンガン  : 0.31mg

出典:文部科学省 五訂増補日本食品標準成分表(本表)より
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802/002/006.pdf

—————————————————————————–

The following two tabs change content below.
ヤギー

ヤギー

<お仕事>シルラボのweb担当   <専門> web系エンジニア  <趣味>ネット、Androidアプリ開発、自転車、将棋、写真  <特徴>燃えあがれ!我が内臓脂肪!!
ヤギー

ヤギー

<お仕事>シルラボのweb担当   <専門> web系エンジニア  <趣味>ネット、Androidアプリ開発、自転車、将棋、写真  <特徴>燃えあがれ!我が内臓脂肪!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)