水耕栽培と土耕栽培、なるべく同じ条件で水菜を育てて分析し、含まれるミネラル成分を比較します!(種蒔きから2週目)


皆様こんにちは。
今回は水菜の種蒔きから第2週目の様子をお伝えします。
前回はいくつかの種が発芽したところまででしたが、その後どうなったでしょうか?
写真を何枚か撮影してあるので一気にお見せしちゃいます!

水菜の種蒔きから2週目の様子

水菜栽培_第008日目
種蒔きから8日目
水耕の区画からは5株、土耕の区画からは4株芽が出ました。

 

水菜栽培_第009日目
種蒔きから9日目
8日目とは左右が逆の配置になってしまいました。毎日窓際と机の上を移動しているのでこんなこともあります。もっと言うと、水耕区画の藻の掃除の際に培地のスポンジを取り出すのですが、元に戻す際に配置が入れ替わることもありますがご了承ください。
 

水菜栽培_第010日目
種蒔きから10日目
土耕区画の一番奥にいる苗が寝てしまいましたね。種蒔きの際、種を置いて軽く土をかけただけだったのが災いして根が安定していないのかも。

 

水菜栽培_第014日目
種蒔きから14日目
双葉の間から特徴的なぎざぎざの葉っぱが伸びてきています。
日差しが強かったせいか、苗がみんな同じ方向を向きました。それだけならいいんですが、今にも倒れてしまいそうで若干心配です。
 

水耕区画も土耕区画の発芽率は?

種蒔きから2週間が経過しましたので、このあたりで発芽率について簡単にまとめておきます。
水耕区画6粒(1区画につき3粒 x 2区画)に土耕区画6粒(1区画につき3粒 x 2区画)の計12粒で種蒔きをして、2週間経過時点で水耕区画は5粒発芽、土耕区画は4粒発芽しました。母数が少ないので誤差と言われればそれまでですが、水耕区画の発芽率は83.33%、土耕区画の発芽率は66.67%です。(小数点以下第2位で四捨五入)
文章だけじゃ分かり辛いので、一応表にも纏めてみました。

水耕区画と土耕区画の発芽率
栽培方法 蒔いた種の数 発芽数 発芽率
水耕栽培 6 5 83.33%
土耕栽培 6 4 66.67%
12 9 75.00%

 

今のところ水耕区画も土耕区画も水菜の成長速度には変化無し

種蒔きからちょうど2週間が経過しましたが新たな発芽はありませんでした。
種蒔きから2週間程度でまだ結論を出すには早すぎますが、ここまでの成長の様子を見てみると若干なりとも発芽が早かった分だけ土耕区画のほうが大きくなっているように見えます。ただ、これは発芽のタイミングがずれているだけで成長速度はほぼ同じかな。きっと露地栽培とLED水耕栽培のように、光に当たっている時間や肥料など様々な条件が異なるからこそ成長率に差が出るんでしょうね。

 

ミネラル成分の比較ができるのはまだまだ当分先になりそうですが、とりあえず週末も無事に乗り越えたのでしばらくは順調に育ってくれるはずです。
そうそう、来週あたりから液体肥料をあげなくちゃいけませんね。

それでは今日のところはこのあたりで失礼します。

The following two tabs change content below.
ヤギー

ヤギー

<お仕事>シルラボのweb担当   <専門> web系エンジニア  <趣味>ネット、Androidアプリ開発、自転車、将棋、写真  <特徴>燃えあがれ!我が内臓脂肪!!
ヤギー

ヤギー

<お仕事>シルラボのweb担当   <専門> web系エンジニア  <趣味>ネット、Androidアプリ開発、自転車、将棋、写真  <特徴>燃えあがれ!我が内臓脂肪!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)