ミクロの世界~春の花粉 2016~


こんにちは、シーナです。

つい最近、新年を迎えたと思ったらもう弥生三月、春ですね~。

今年も恒例、花粉のSEM(電子顕微鏡)シリーズです。

 

まずはこちら。
カタバミ
道ばたでよく見かけますね。
カタバミです。

 

 

早速いつものように花粉を採取してSEM(電子顕微鏡)で観察しました。
カタバミの花粉のSEM写真-1
いろいろな形の花粉があります。

 

 

さらに1つだけ選んで拡大しました。
カタバミの花粉のSEM写真-2
この花粉は丸に見えます。

 

 

しかし別の花粉を選んで拡大すると、
カタバミの花粉のSEM写真-3
細長いですね。

 

 

さらに花粉表面を拡大しました。
カタバミの花粉のSEM写真-4
網目模様が美しいです。

 

 

さて、次も道ばたでよく見かける花です。
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリです。
こちらも花粉をSEM(電子顕微鏡)で観察しました。

 

 

オオイヌノフグリの花粉のSEM写真-1
カタバミの花粉はいろいろな形がありましたが、オオイヌノフグリの花粉は
同じような形がそろっています。

 

 

一つだけ選んで観察してみました。
オオイヌノフグリの花粉のSEM写真-2
真ん中にスジがあり、中が少し見えていますね。

 

 

別の花粉です。
オオイヌノフグリの花粉のSEM写真-3
先ほどの写真ではスジが1箇所しか見えませんでしたが、
この写真では3箇所あるのがわかりますね。
スジの開き具合は花粉によって違うみたいなので、時間が経つと破裂するのかしら?

 

 

あ、おまけ付きの花粉がありましたよ。
オオイヌノフグリの花粉のSEM写真-4
花粉が花粉の子供を背負っているみたいに見えます。

 

 

花粉表面を拡大しました。
オオイヌノフグリの花粉のSEM写真-5
網目模様ではありませんが、こちらも美しいです。

 

 

オオイヌノフグリの花粉のSEM写真-6
スジの中を拡大しました。
花のつぼみのようなものがたくさんあります。

 

 

 

最後に、オオイヌノフグリの花粉を採取したとき虫が一緒に紛れ込んでしましたので、ご紹介します。
アブラムシ
アブラムシですね。
もちろんSEM(電子顕微鏡)でも観察しました。

 

 

アブラムシのSEM写真-1
シーナがピンセットでつまんだので、背中がへこんでしまいました。

 

 

顔の辺りを拡大しました。
アブラムシのSEM写真-2
相変わらす迫力ありますね。
そして、足に何かつけていますよ。
アブラムシのSEM写真-3
先ほど観察したオオイヌノフグリの花粉ですね。
アクセサリーみたいでかわいいかも。

 

 

今回はよく道ばたで見かける花の花粉を観察しましたが、
花によって花粉の形状がだいぶ異なることがわかりました。

ところで、オオイヌノフグリのフグリってなんだかわかりますか?
ここでは正解を書きませんので、ご自分で調べてみてください。
青くて小さい花がとてもかわいいのに、どうしてフグリなんて名前にしたのかしら。
毎年、春になると同じことを思うシーナなのでした。

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)