ミクロの世界~ダンシング胞子~


こんにちは、シーナです。

先日、シルラボの敷地内につくしを見つけました。
春ですねえ。

前回は花粉のSEM(電子顕微鏡)写真をご紹介しましたが、今回はつくしの胞子を観察してみました。

つくし-1
この写真のように穂が開ききっていると、つくしの胞子はもう放出されてしまっています。

 

つくし-2
穂が開ききっておらず、緑色が見えるつくしから胞子を採取しました。

 

つくし-3
少し振ると緑色の抹茶のようなものが落ちてきました。

 

まず、マイクロスコープで観察してみました。
ツクシの胞子
そのまま見ると、緑色の粉にしかみえませんでしたが、拡大すると白い糸のようなものが出ています。
これは弾糸というらしいです。
しばらく観察すると弾糸がうねうねと動きました。
弾糸は湿度が高いと丸く縮み、湿度が低くなると伸びるので、シーナの息の湿度に反応して動いたようです。
弾糸が動く様子もお見せできればいいのですが、動画で撮影しなければいけないのでヤギーさんの次回のリソースに期待しましょう。

 

さて、SEM(電子顕微鏡)でも観察してみました。
ツクシの胞子のSEM写真-1
マイクロスコープの観察より弾糸の形がよくわかりますね。
次に、胞子を1個ずつ観察しました。

 

 

ツクシの胞子のSEM写真-2ツクシの胞子のSEM写真-3 ツクシの胞子のSEM写真-4ツクシの胞子のSEM写真-5ツクシの胞子のSEM写真-6
いろいろな形がありますね。シーナは踊っているように見えるものが多いと思いました。

皆さんはどのように見えたでしょうか?

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)