ミクロの世界~身体の一部がアート作品?オオメナガカメムシ~


こんにちは、シーナです。

シルラボの敷地に咲いていたツツジがそろそろ終わりに近づき、
悲シーナと思っていたところ
ツツジの花の中に虫を発見しました。
オオメナガカメムシ
オオメナガカメムシというらしいです。
名前の通り、複眼が大きく飛び出しているのが特徴です。

 

では、SEM(電子顕微鏡)で観察してみましょう。

 

まずは、全体写真。
オオメナガカメムシのSEM写真-1
全体に丸い穴のようなものがたくさんあるのがわかります。

 

複眼あたりを拡大しました。
オオメナガカメムシのSEM写真-2

 

 

別角度で。
オオメナガカメムシのSEM写真-3
このSEM(電子顕微鏡)写真は複眼が飛び出ているのが分かりやすいですね。
大きな複眼を見ていると、牛の角を思い出してしまいました。
よく、床の間に飾ってあるアレ、ですよ。

 

 

その他の部分も観察してみましょう。
オオメナガカメムシのSEM写真-4
後足の先端を拡大しました。
昆虫ではおなじみの爪状になっています。

 

 

オオメナガカメムシのSEM写真-5
触覚を拡大しました。
先端になるほど細かい毛が生えています。

 

 

オオメナガカメムシのSEM写真-6
背中の丸い穴のようなものを拡大しました。
よく見ると、穴から毛が生えています。
毛に対してずいぶん大きな毛穴ですね。

 

 

今まで観察した虫は、背中側(上)から撮影したものが多いですが、
今回はお腹側(下)からも観察してみましょう。
ピンセットでつまんでゆっくり、ひっくり返えし・・・、
あっ、足やら触覚やらが取れちゃいました。

はははっ、笑ってごまかしちゃえ。

 

オオメナガカメムシのSEM写真-7
草の汁や虫の体液を吸う長い口器があるはずなのですが、
途中で切れちゃったみたいですね。

うーん、残念!

 

 

オオメナガカメムシのSEM写真-8
お尻の辺りを拡大しました。
最近、シーナは虫のお尻フェチです。

 

そして、そして、気になる箇所を見つけました。
それは足の付け根の辺りです。

オオメナガカメムシのSEM写真-9

 

 

 

上の写真のマル印箇所を拡大しました。オオメナガカメムシのSEM写真-10
なにこれ?
アート作品みたい!

 

なぜ一部分だけが他の部分とは違うのか、
また、どのような役割があるのか、など疑問はありますが
虫の一部にこんな美しい部分があるなんて、自然ってすごいわあ。

このSEM(電子顕微鏡)写真も美しいのですが、色をつけた写真も見たいですねー。
ヤギーさん、お願いしますよ!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)