ミクロの世界~塩、いろいろ~


こんにちは、シーナです。

 

先日、試供品で塩を配布していたので頂きました。
頂いた塩は某メーカーさんの焼塩、粗塩、大粒の3種類です。

焼塩

粗塩

大粒
上:焼塩
中:粗塩
下:大粒
粒の形が違うのがわかるでしょうか?

同封されていたパンフレットを読んでみると、それぞれの用途は

焼塩・・・チャーハン、野菜炒め、焼魚等の調理、天ぷら、サラダ、ポテトに。
粗塩・・・あらゆる料理、調味に、幅広く使えます。加工食品、パン、麺類などにも。
大粒・・・ステーキ、ムニエル、マリネ、お菓子などのトッピング用。

へえー、塩にも特徴があるのですね。

 

それではSEM(電子顕微鏡)で観察してみましょう。

焼塩のSEM写真-1
まずは焼塩のSEM(電子顕微鏡)写真です。

 

 

焼塩のSEM写真-2
拡大しました。
ん?なにか表面にあるような。

 

 

焼塩のSEM写真-3
さらに拡大しました。
やっぱりなにかありました!
この針状のものは何かしら・・・。

 

他の2種類の塩もSEM(電子顕微鏡)で観察しました。

粗塩です。
粗塩のSEM写真-1
焼塩よりサイズは大きいですが、それほど違いが無いように見えます。

 

 

粗塩のSEM写真-2
あれ?焼塩より表面が滑らかにみえますよね。

 

 

 

粗塩のSEM写真-3
さらに拡大しました。
やっぱり焼塩にあった針状のものはこの粗塩にはありません。
何で?

 

大粒もSEM(電子顕微鏡)で観察しましょう。

大粒のSEM写真-1
大粒はサイズが大きくて、1枚のSEM写真には納まりきれません。
表面に何かあるようには見えませんね。

 

大粒のSEM写真-2
さらに拡大しました。
やはり、焼塩にみられた針状のものはありませんね。

 

 

次に焼塩の元素分析をしてみました。

まずは、針状のものが付着していない場所です。

焼塩の元素分析-1
ナトリウムと塩素が検出されています。
塩化ナトリウム(塩)ですね。

 

次に針状の場所を測定してみました。
焼塩の元素分析-2
先ほどと違うのは、ナトリウム、塩素以外にも酸素とマグネシウムが検出されていることです。

 

針状のものはナトリウムと塩素以外に
酸素とマグネシウムが含まれることはわかりましたが
どうして焼塩だけ表面に針状のものが現れているのか疑問です。

原材料には3つとも天日海塩、海水と書いてあり大きな違いはなさそうです。

おや、袋に製法が書いてありました。
焼塩は溶解、立釜、焼成
粗塩は溶解、平釜
大粒は溶解、平釜、乾燥
この焼成になにかヒントがありそうですね。

さらにパンフレットを読むと、
この塩には塩化ナトリウム以外に”にがり”が含まれていると書いてありました。
にがりとはカルシウム、マグネシウム、カリウムといった海水に含まれている無機塩類です。
シーナの想像ですが、焼成で熱が加わることによりにがり成分のマグネシウムが析出したのかなあ?
だとしたら、カルシウムやカリウムはなぜ析出しないのかなあ?

 

塩メーカーの関係者様、教えてくださーい。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 勝川夏樹 より:

    東京芸大、博士課程の学生です。
    ガラス素材を使い、顕微鏡の世界を表現した作品を作ろうと考えているので、興味深く記事を拝見しました。
    質問なのですが、生物の顕微鏡写真を作品資料として、入手する手段はどんなことがあるでしょうか?今は、アマゾンなどで買える本や、ウェブ画像検索のものを参考に造形しています。

    • シーナ シーナ より:

      勝川様 こんにちは。
      コメントありがとうございます!

      電子顕微鏡作品は,「PIXTA」「gettyimages」「pixabay」などの画像販売サイトなどからも入手できるようです。
      シルラボでも画像の提供や電子顕微鏡観察のご要望にお応えできますので,ご入用の際は下記までお問い合わせください。
      https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hitachi-chem-ts/slab/form.jsp

      これからも”シルラボ”をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)