ミクロの世界~尿路結石~


こんにちは、シーナです。

 

先日、シーナの知り合いの男性(Aさんとします)が、
「あと数日で結石が出てきそうだよ」と言っていました。
えっ?そんなこと分かるのかしら・・・・、と不思議に思いながらも
出たらシーナにください、とお願いしました。

数日後、渡されたものがこれです。

結石の写真

結構大きいですよねー。
痛くなかったのかしら、と思ってAさんに尋ねると
数日前は腰が痛かったけど、出た瞬間(つまり排尿時)は
それほどでもない、とのこと。
ふーん、意外です。

 

では、SEM(電子顕微鏡)観察しましょう。

結石のSEM写真-1
こんなトゲトゲしたものが身体に入っていて痛くないわけないじゃーん、
と思いながらの観察です。

 

いつものように拡大してみましょう。
結石のSEM写真-2
三角やら四角やら、たくさんの結晶がありますね。

 

さらに拡大しました。

結石のSEM写真-3
このSEM(電子顕微鏡)写真は、たくさんのテトラポットが並んでいるようにみえませんか?

 

少し形が違う箇所も観察しました。

結石のSEM写真-4
テトラポットが波で削られて丸くなった感じ?

 

次に結石の成分を調べるために元素分析を実施してみました。

結石の元素分析結果
炭素、酸素、カルシウムが検出されました。
この結果だけだと、炭素と酸素とカルシウムが含まれているもの、
ということだけは分かりますが
成分はわかりませんよね。

 

こういうときはFT-IRの登場です。
結石のFT-IR分析結果
FT-IRの結果を見慣れていない人は、なんだこれ、
でしょうが、この形からシーナは大体の成分が分かっちゃうのですよ(エッヘン)。
この主成分はシュウ酸塩ですね。
FT-IRの結果と元素分析の結果を合わせると、シュウ酸カルシウムでしょう。
結石の成分としては一番よくあるものですね。

 

シュウ酸カルシウム・・・?

聞いたことあるような。

ああ、以前ヤマイモのデンプンを観察したときにもあったものですね。
ヤマイモに含まれているシュウ酸カルシウムは針のような形でしたので
今回のものとは形が違いますね。

 

ところで、Aさんは以前に胆石を取り除く手術をしたことがあるそうで。
いろんな石を作れる体質なのね。
次は痛風の原因になる尿酸の結晶を見てみたいです。

あ、そんな予定ない?
失礼しました~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. HKTSのOB より:

    シーナさんへ
    本件、探究心旺盛な貴女の報告書を楽しく読ませて頂き、有難うございました。
    ただ、尿路(管)結石には縁遠い女性の研究のため、ご自身で体験できないであろうところを小生の体験を含め、書かせて頂きます。
    先ず、結石は腎臓内で徐々に生成されて行き、大きい人では数cm程になるそうです。この間、殆ど痛みは感じませんが、ある時、寝床から結石が転げ落ちて尿の排出口に嵌った瞬間から尿が腎臓内に溜り膨張させるため周囲の内臓を圧迫して激痛を引起します。小生も61年間掛けて育て上げた結石の反乱により人生で最大の痛みを味わいました。今回のサンプル提供者の方は幸いに小さい状態で尿路を通過したため痛みも無かったようですが、通常はこの時に第二の痛み(こちらの方が痛い)を経験します。しかし、医学の進歩は素晴らしく、小生の場合、結石も小さかったこともあり、「溶解剤」なるものを服用して、3日掛けて溶かし出しました。トロトロの尿がサラサラの尿に変わって勢いよく出た時は感激でした。
    詰まらないことを長々と書き連ねましたが、シーナさんはこれからも分析結果から得られる新たなる感動を求めて頑張って下さい。
    最後に、小さな虫たちの短い人生?を大切にしてあげて下さいネ。

    • シーナ シーナ より:

      HTKSのOB様

      ご自身の尿路結石の体験を詳しく教えていただき
      ありがとうございます。
      興味深く読ませていただきました。
      特に,”61年間掛けて育て上げた結石の反乱により”
      の部分は,失礼ながら声を上げて笑ってしまいました。
      ブログに掲載した結石の提供者であるAさんは,それほど
      痛そうな様子ではなかったのですが,
      やはり,とても痛いものなのですね。

      もう2度と同じ痛みは味わいたくないことでしょうが
      今後,結石が出てくるような場合は
      シルラボまで,お送りください。
      ぜひSEM観察を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)