ミクロの世界~縁起のいい虫,テントウムシ~


こんにちは,シーナです。

 

最近すっかり暖かくなり,春めいてきましたね。

先日,春の昆虫を見つけましたよ。

テントウムシ
ほら,テントウムシ!
黒い斑点が7個あるからナナホシテントウムシかしら。

 

でも残念ながら,既にお亡くなりになっています・・・・・。

このテントウムシの死を無駄にしないために,SEM(電子顕微鏡)観察のモデルになっていただきましょう。
テントウムシのSEM写真-1
まず,背中側から観察しました。

SEM(電子顕微鏡)写真を見たシーナの第一声は「きったなーい」でした。
ゴミがたくさん付着していますねえ。

 

背中を拡大しました。
テントウムシのSEM写真-2
肉眼で見ると,ツルツルに見えますが
SEM(電子顕微鏡)で観察すると,ポツポツと穴があり
毛のようなものもありますね。

 

次は頭周辺を拡大しました。

テントウムシのSEM写真-3
しつこいようですが,汚いです。
この角度だと,顔があまり観察できないですね。

 

一旦,テントウムシを装置から取り出して,
ピンセットでそっと,裏返しして今度はお腹側から観察しました。

テントウムシのSEM写真-4
おおー,迫力ありますね。

 

 

前足を拡大しました。

テントウムシのSEM写真-5
人間でいうところの足の裏が,まるで洗車用ブラシのように見えます。
以前観察したカミキリムシと同じですね。
そして,おなじみの爪のような足先です。

 

 

テントウムシのSEM写真-6
複眼を拡大しました。
単眼を捜しましたが,テントウムシにはないようです。

 

 

今回テントウムシを観察するにあたって,いろいろ調べたところ
テントウムシは”縁起物”であるようです。
日本では,太陽に向かって飛んでいくところから,
太陽神の天道から名前がつけられたことは有名な話しですよね。
海外ではテントウムシを捕まえると,結婚できる,子供を授かるなどと言われています。

面白いのは,テントウムシの斑点の数だけお金が入ってくる,というもの。
シーナが見つけたテントウムシの斑点は7個だけど
種類によっては28個もあるんですって!
その名はニジュウヤホシテントウムシです。
ニジュウヤホシテントウムシを見つけて,リッチになりたいシーナなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)