ミクロの世界~美味しさの秘密はグルテン~


こんにちは,シーナです。

だいぶ寒くなり,シーナの動きが鈍ってきました。
みなさん,風邪はひいていないですか?

 

 

さて,先日台所の棚を整理していたところ,
今年の夏に食べ残したソーメンと冷麦がありました。
ソーメンと冷麦の違いってなんだろう,と思って調べてみると
太さの違いだけらしいです。

 

シーナの家にあったソーメンはCMでお馴染みの手延ソーメン「○○の糸」です。
ちょっとお値段が高いソーメンですね。
そのソーメンの表面をSEM(電子顕微鏡)観察してみました。

 

ソーメンのSEM-1
太さは約0.9mmくらいですね。
表面が丸いツブツブでいっぱいです。

 

 

さらに拡大しました。
ソーメンのSEM-2
丸いものは原料のデンプンですね。
丸いもの以外にも,横スジのようなものもありますね。
この横スジは何かしら・・・。

 

 

ソーメンのSEM-3
さらに拡大しました。
横スジについて調べてみたところ,グルテン(タンパク質)だそうです。
そして,これは手延ソーメン製造工程の特徴であり,
機械で製造した麺にはない,おいしさの秘密らしいですよ。

 

じゃあ,冷麦は手延べではないので,グルテンは見えないのね・・・。
ホントかね。
疑っているよりも観察した方がいいですね。

 

冷麦のSEM-1
まずは全体像です。
ソーメンより太い,約1.5mmです。

 

 

冷麦のSEM-2
拡大しました。
デンプンはたくさんありますが,横スジは見あたらないですね。

 

 

冷麦のSEM-3
さらに拡大しました。
やっぱり,ソーメンとはちょっと違いますね。

 

比較のため,ソーメンと冷麦のSEM(電子顕微鏡)写真を並べてみました。

ソーメンのSEM-4

冷麦のSEM-4
上:ソーメン
下:冷麦
こうして並べてみると,確かに横スジの有無に違いがありましたね。

 

ソーメンも冷麦も夏に冷やして食べることが多いですが,
シーナのように残ってしまった場合は,どうやって食べるのが美味しいのかしら。
シーナは料理が下手クソなので簡単なものしか出来ませんが,
寒くなってからも美味しく食べられる料理法があれば教えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)