ミクロの世界~メラミンスポンジ~


こんにちは,シーナです。

ちょっとご無沙汰をしている間に,シルラボは5年目に突入しました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

 

さて,シーナの実物をご存知の方は意外に思うかもしれませんが,
ガサツにみえても,シーナは結構きれい好きなのです。

 

先日,洗面所の床が汚れていたので,雑巾がけをしていたのですが
イマイチきれいになりません。
スポンジでも擦ってみたのですが,やっぱりイマイチです。

そこで,だめもとでメラミンスポンジを使用したところ,
すごーくきれいになりました。


左:普通のスポンジ
右:メラミンスポンジ

 

メラミンスポンジを使用すると
なんでこんなにきれいになるのかしらと思って
SEM(電子顕微鏡)で観察してみました。

 

まずは普通のスポンジのやわらかい部分
(写真の薄い緑色部分)を観察しました。


孔がいっぱいあります。
SEM(電子顕微鏡)で観察すると,目視では想像がつかない写真が
撮影できる場合がありますが,これは想像通りですね。

 

もう少し拡大しました。

 

次は,少し硬い部分(写真の濃い緑色の部分)


やわらかい部分とは違って,糸のようなものが絡まっているように見えます。
そして所々,太さが違いますね。

 

拡大しました。


硬い部分は触ると少しザラザラします。
この太くなっている部分に関係するのかしら・・・。

 

 

 

さて,本命のメラミンスポンジです。
普通のスポンジと比較するため,並べてみました。
倍率は同じです。


上:普通のスポンジ
下:メラミンスポンジ

並べると孔の大きさが違うのが良く分かります。

 

拡大も,普通のスポンジと比較してみました。


上:普通のスポンジ
下:メラミンスポンジ

孔の大きさも違いますが,1本1本の繊維の太さもだいぶ違いますね。
メラミンスポンジはこの細かい孔の構造で,
普通のスポンジでは落ちにくい汚れも
落とせるみたいですね。

 

ただし,注意点があります。

表面に傷がつくので,大理石やコーティングしてあるものには使用できない,
とうことです。
洗面所の床はワックスでコーティングしてありましたので
汚れと一緒にワックスも落としてしまいました。
(こういうところがガサツといわれる原因です)

でも,いいのです。
ワックスも塗り替えの時期だったので!
(負け惜しみではないですよ)

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)