ミクロの世界~爪磨きの表面を観察~


こんにちは,シーナです。

前回,「爪磨き」を使用した前後の爪をSEM(電子顕微鏡)で観察しましたが
今回は「爪磨き」そのものを観察します。

 

使用方法を見ると,まず黒い面で爪の表面を整え
反対の白い面で磨く,とのことでした。

 

まずは黒い面です

うわ!何かがいっぱいある。
 
 
 
更に拡大しました。

丸いものと,三角形や四角形のものがたくさんついていますね。
これは一体なんだろう。

 

元素分析も実施しました。

炭素,酸素,ケイ素が検出しました。
研磨材かな~??
ケイ素のイメージはガラスや石などですが
そういえば,2枚目のSEM写真は石っぽいものがいっぱい付いているようにも見えるかなあ?

 

つぎは白い面です。


黒い面に比べると,あまりデコボコしていませんね。

 


拡大しても丸いものや四角いものも見当たりません。

 

こちらの面も元素分析してみました。

こんどはアルミニウムが検出されましたよ。
ふーん,アルミニウムで磨くと
爪がピカピカになるのね。

台所にあるアルミホイルで爪を磨くときれいになるのかなあ??

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

最新記事 by シーナ (全て見る)

シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 早川晃示 より:

    カラクリ機構に「クジラのひげ」が使われています。肉眼観察や感触で見分けたいのですが。特に堅木との見分けに困っております。私は大津祭りの調査員です

    • シーナ シーナ より:

      早川さま

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      カラクリ機構に「クジラのひげ」が使われているのですね。はじめて知りました。
      残念ながらシーナはクジラのひげを見たことも触ったこともないので,
      はっきりお答え出来ないのですが,肉眼観察や感触で見分けるのは難しいかもしれないですね。
      クジラのひげと思われるものを少しだけ採取可能ならば,FT-IR分析で見分けがつく可能性があります。クジラのひげならばタンパク質,堅木ならセルロースが検出されると思われます。ただし,クジラ以外のもの(例えば,人の髪の毛や爪など)もタンパク質ですので,タンパク質が検出したからといっても,必ずしもクジラのひげ,と断定できるわけではありませんが。

      お役に立てず,申し訳ございません。
      これからもシルラボをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)