ミクロの世界~厄介なドクダミ~


こんにちは,シーナです。

 

先日,庭の草むしりをしていました。
この時期,厄介なのがドクダミ。
根っこからむしりたくても,すぐにちぎれてしまいますよね。
そんな厄介なドクダミですが,たまにはシーナの役に立ってもらいましょう!

シルラボファン(?)の皆さんは予想がつきましたね。
ドクダミの花粉の観察です。

 

ドクダミ1

ドクダミって,白い部分が花びらなのかと思っていましたが
真ん中の黄色い部分がたくさんの花の集まりなんですね。

ドクダミ2

 

早速花粉を採取してSEM(電子顕微鏡)で観察しました。
ドクダミの花粉のSEM1
あら,色々な形があるわね。

 

 

ドクダミの花粉のSEM2
この花粉が一番,花粉っぽい形かな。

 

 

ドクダミの花粉のSEM3
ぱっくり割れていますね。
そしておまけ?が付いています。

 

 

ドクダミの花粉のSEM4
うーん,これはシワっぽいですね。

 

 

ところで,ドクダミって特有の匂いがありますが
ハーブと同じように葉には匂い玉があるのかしら?

探してみました。
ドクダミの葉のSEM1
アッ!なんかありそうです。
ポコッと盛り上がった部分が匂い玉かしら?
拡大してみましょう。

 

 

ドクダミの葉のSEM2
真上から観察するとポコッと盛り上がった感じがわかりにくいですね。

 

 

斜めから観察してみました。
ドクダミの葉のSEM3
匂い玉のようなものは,少し膨らんでいるのがわかります。
おそらく,葉っぱ全面に存在するから,これが匂い玉と予想しました。

 

 

ドクダミの葉のSEM4
拡大しました。
装置内が真空だから,水分が蒸発して
シワっぽくなった可能性もあります。
でも以前,同じ装置で観察した匂い玉は,丸い形で観察できたので
やっぱり,ドクダミの匂い玉ってこんな形なのかもしれません。

 

 

ドクダミの葉のSEM5
そして,おなじみの気孔です。
気孔の周りもシワっぽいですね。

うーん,シルラボで使用している高真空のSEM(電子顕微鏡)は
高倍率で観察出来ていいのだけど,こういう水分の多いものは
水分が蒸発して,本来の形が観察出来ていないかもしれないですね。

低真空のSEM(電子顕微鏡)が,ほシーナ。
と言っても簡単に買える金額じゃないのですが。

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)