ミクロの世界~梅雨時期の花粉~


こんにちは,シーナです。

 

ようやく関東地方の梅雨が明けました。
梅雨時期は湿気が多くてなんとなく気分が落ち込みがちですが
束の間の晴れ間に
紫陽花がきれいに咲いていたので,一枚,パチリ。

紫陽花-1

紫陽花ってたくさんの花が集まって丸い形をしているイメージですが
花びらのようにみえるものは「がく」。

花は中心部分です。

紫陽花-2

紫陽花-1

花粉がたくさん付いていたので
SEM(電子顕微鏡)で観察してみました。

 

紫陽花のSEM-1
お馴染みのラグビーボールみたいな形ですね。

 

紫陽花のSEM-2
拡大しました。
表面の網目模様がキレイ。

 

紫陽花のSEM-3
別の花粉を拡大。
花粉を観察する時よく感じることなのですが
角度によって全く形が違うように見えますね。

 

紫陽花の時期より少し早く花が咲きますが
サツキもきれいに咲いていました。

サツキ-1

 

こちらも花粉をSEM(電子顕微鏡で観察しました。

サツキのSEM-1
あら,この花粉は粘糸があるのね。
粘糸は,昆虫に花粉が付きやすくなる役目があるらしいですよ。
花粉も工夫しているのね。

 

サツキのSEM-2
そういえば,以前観察した昼咲月見草の花粉にも粘糸がありましたね。

 

サツキのSEM-3
拡大しました。
花粉の表面はツブツブしていますが
粘糸はツブツブが無いですね。
昼咲月見草の粘糸とはちょっと違いますので
比較して見てくださいね。

 

今年も暑くなる日が多いのでしょう。
過去のシルラボブログには
背筋がゾワゾワする虫のSEM(電子顕微鏡)写真もあるので
覗いてみてください。
少しは涼しくなるかも?

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)