シルラボに「日本一」のお客様来場!!!


大分上野丘高等学校 化学部の皆さんがシルラボを訪問

こんにちは、ヤマピーです。

シルラボ・アカデミーでは、分析化学を通して中学・高校の科学部の活動をサポートしています。

現在は、大分上野丘高等学校 化学部さんよりご依頼を受け、NMR(核磁気共鳴分光)を用いた

構造調査の研究をお手伝いしています。

お話を伺った当初は、企業の研究機関と肩を並べるほどの高度な内容に、

「本当は先生の研究じゃないの???」と完全に疑っていました。

しかし・・・

   ★ 『コロジオン膜の孔径制御技術』で特許を取得

   ★ 日本学生科学賞で内閣総理大臣賞を受賞   etc・・・ 

日本トップクラスの高校生集団ではありませんか!!!

我々もプロとして恥かしくないよう、全力でサポートしております。

 

お手伝いをはじめて間もない7月下旬、

茨城県で開催されていた全国高等学校総合文化祭のために来県されていた先生と2名の学生さんが、

シルラボに来場くださいました。

今回は、そのときの様子をご紹介します。

ご来場いただいたのは、前日に研究発表を終えたばかりの工藤さん(2年)と高林さん(2年)、

顧問の高橋先生。 シルラボの実験室、分析装置などをじっくりと見学していただきました。

 

 NMR見学① NMR見学② 

NMR室では、提供されたサンプルがどのように測定されているか説明しました。担当の研究員は「キラキラした2人に見つめられて緊張した」そうですよ。

 

SEM見学 

「ミクロの世界」でおなじみのSEM(電子顕微鏡)を見学。説明はシーナ研究員。装置の大きさはもちろんのこと、装置価格の高さに大変驚いた様子でした。

 

FT-IR体験中① FT-IR体験中②  

異物調査や成分分析を行う「FT-IR」セクションでは、実際に“指”表面の成分分析に挑戦!10代の学生さんの指表面から検出された成分は“水(肌表面の水分)”、30代の担当研究員の指表面から“水”は全く見られず、検出されたのは“たんぱく質(肌成分)”のみ。つまり・・・、年齢と共にお肌の水分は失われているということが証明されてしまったわけです。ヤマピーの指もカサカサで、紙をめくるのが大変なんです(涙)。。。

 

 微量金属分析見学   

こちらは微量金属分析室。ここでは、「ICPによって熱励起された原子が基底状態に戻る時の発光スペクトルから元素の種類や量を調べる」というICPの原理を、「疲れた時に栄養ドリンクを飲むとしばらく元気でいられる」おじさんの様子に例えて説明していました。「疲れた時に栄養ドリンクを飲んで元気になる」という部分の理解は、若い二人には難しかったみたいですよ。高校生は疲れても栄養ドリンク飲まないでしょ。。。

 

これが引張り試験片 

こちらは物性試験のセクション。オードグラフを使って引張り、曲げ、圧縮のテストを行う部屋では、実際に使用するテストピースに興味津々の様子でした。

 

最後にこちらの写真をご紹介。

そっと見守る先生 

見学中、生徒さんの荷物を持ったり、見やすい位置に誘導するなど、終始生徒さんたちのサポート役に徹しておられる高橋先生のお姿が大変印象的でした。

 

 

「未来の科学者」をサポートする立場にいる私たちにとって、本当に有意義な時間となりました。

上野丘高等学校化学部の皆さん、ありがとうございました。

そして、高文祭 自然科学部門(化学部門)最優秀賞受賞 おめでとうございます!

The following two tabs change content below.
ヤマピー

ヤマピー

<お仕事>シルラボの運営、シルラボ・アカデミーの校長 <専門> NMRを使った組成、構造解析 <趣味> 鉄道(特急、新幹線)、整備された場所でのキャンプ <特徴>どこにでも顔をつっこむ、よく笑う、よく喋る、良く食べる
ヤマピー

ヤマピー

<お仕事>シルラボの運営、シルラボ・アカデミーの校長 <専門> NMRを使った組成、構造解析 <趣味> 鉄道(特急、新幹線)、整備された場所でのキャンプ <特徴>どこにでも顔をつっこむ、よく笑う、よく喋る、良く食べる

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)