ミクロの世界 ~新春・お餅のカビ~


こんにちは、シーナです。

本年もシルラボをよろしくお願いいたします。

さて2015年最初のミクロの世界はカビの電子顕微鏡(SEM)写真の紹介です。

 

先日、鏡開きを行ったところ鏡餅にカビが生えているのを発見しました。カビの生えた鏡餅
アオカビとクロカビが生えているようです。

さっそくいつものように電子顕微鏡(SEM)で観察してみます。

装置内は真空だから、つぶれちゃうかな~。

 

アオカビのSEM写真
アオカビの電子顕微鏡(SEM)写真。
意外ときれい!菜の花みたいに見えませんか?

ちなみに、繊維状のものが菌糸、球形のものが胞子というみたいです。

 

アオカビのSEM写真 (2)
胞子を拡大しました。
拡大すると花粉にも見えてきました。

 

お次はクロカビ。

クロカビのSEM写真
アオカビとはまた違った様子です。
菌糸が多いですね。

 

クロカビのSEM写真(2)
胞子を拡大しました。
アオカビの胞子と比べるとツルンとしていますね。
まるで芋虫がいっぱいいるみたい・・・。

 

あっ、そういえば後でお雑煮で食べようと残しておいたお餅もあったはず♪♪♪

アカカビが生えた餅
何これー??アカカビが生えている!!
楽しみにとっておいたのに・・・。

 

アカカビも電子顕微鏡(SEM)で見てみました。

アカカビのSEM写真
沢山の丸いものが見えますね。
ジャガイモが転がっているみたいに見えます。

 

アカカビのSEM写真(2)
更に拡大しました。
アオカビも混ざっているみたいです。
まるで寒がりのアカカビをアオカビが優しく包み込んでいるみたいです。

 

シーナは毎年お餅にカビを生やしてしまうのですが、

チューブワサビを数センチお皿に出して、お餅と一緒に保管しておくとカビが生えにくくなるらしいですよ。

来年はこの方法を試してみようと思ってます。

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)