ミクロの世界~春の花粉 2015~


 

ご無沙汰してます、シーナです。

最近とても暖かくなってきましたね。日中は暑いくらいです。

今日は、今が見ごろの「ハナミズキ」と「シバザクラ」の花粉の電子顕微鏡(SEM写真)をご紹介します。

まずはハナミズキです。
ハナミズキ
白い4枚の花びらがあるように見えますが、これは花びらではなく、総苞(葉が変形したもの)というものらしいです。

 それでは花はどこにあるかというと・・・・
ハナミズキ2
中心の黄色いかたまりが花です。肉眼でも花粉がついているのが分かります。

 

このハナミズキの花粉を採取して電子顕微鏡(SEM)で観察してみました。
ハナミズキ花粉のSEM写真1
ギョーザがいっぱいある!
シーナはくいしんぼうなので、どうしても食べ物に見えてしまいます。
 

 ハナミズキ花粉のSEM写真2
花粉の一つを拡大しました。
表面のボツボツとスジが観察出来ます。

 

ハナミズキ花粉のSEM写真3
別の方向から拡大しました。
花粉の角度が違うと全く違う形に見えます。

 
ハナミズキ花粉のSEM写真4
こちらの花粉はスジに何か挟まっている?ようにみえます。

 

ハナミズキ花粉のSEM写真5(拡大)
挟まっている何かを拡大しました。
何か食べているように見えませんか?
これは一体なんだろう・・・。 

 

 

さて次はシバザクラです。
シバザクラ
サクラが散って寂しくなった頃にこのピンク色のシバザクラが咲くと、とてもキレイですね。

 

こちらも花粉を採取して電子顕微鏡(SEM)で観察しました。
シバザクラ花粉のSEM写真1
表面が随分デコボコしていますね。

シバザクラの花粉って毒キノコっぽいような・・・。
ハナミズキの花粉を見た時は、ギョーザが食べたくなったけど毒キノコは食べたくないなあ。

 

 シバザクラ花粉のSEM写真2
別の角度で観察した花粉です。
この電子顕微鏡(SEM)写真を見るとよく分かりますが、シバザクラの花粉は円形ではなく、お椀型ですね。

 

シバザクラ花粉のSEM写真3
更に拡大しました。花粉の表面には六角形がたくさんありますね。

 

以前、桜の花粉やきゅうり、ミニトマトの花粉も観察しましたが花によって色々な形がありますね。ぜひ見比べてみて下さいね。

 桜の花粉
https://slab.hitachi-chem-ts.co.jp/blog/?p=175

 きゅうりとミニミニトマトの花粉
https://slab.hitachi-chem-ts.co.jp/blog/?p=322

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)