ミクロの世界~進撃の巨大アリ~


こんにちは、シーナです。

最近の「ミクロの世界」は花粉やシャープペンシルの芯など、比較的おとなしめ(?)の電子顕微鏡(SEM)写真が多かったので、「もの足りない!」との声にお答えすべく、久しぶりに昆虫の電子顕微鏡(SEM)写真をご紹介します。

 

アリ
おなじみのアリです。とても身近な昆虫ですね。

 

いつものように電子顕微鏡(SEM)で大きくして見てみましょう。

アリの顔のSEM写真
まずはお顔の全体像。
うっわ!迫力ありますねぇ。

 いろいろなパーツをさらに大きくして見てみましょう。

アリの複眼のSEM写真
こちらは複眼。
小さな眼がたくさんあるのが分かりますね。
何個くらいの眼が集まっているのかと数えてみたのですが、途中でイヤになってしまいました・・・。
調べみると働きアリで100個位らしいですが、もっと沢山あるようにみえます。

 

アリのアゴのSEM写真
アゴの部分です。
皆さんはアリにかまれたことありますか?
小さいけど、痛みは結構感じますよね。
シーナはこの電子顕微鏡(SEM)写真を見て納得しましたよ。
こんなアゴでかまれたら、そりゃあ痛いですよね。

 

 アリの触角のSEM写真
次は触覚です。
肉眼で見ると、アリの触覚ってツルツルしているイメージですが毛がいっぱい生えていますね。
猫じゃらしみたいですね。

 

 アリの足のSEM写真 
前足です。
これが大きかったら相当な武器になりそうですね。
 

アリの足のSEM写真2
前足の先端を更に拡大しました。
汚れていますね。このアリさん、あまりきれい好きじゃないのかしら・・・・。

 

今回は、身近な昆虫アリの電子顕微鏡(SEM)写真を紹介しました。
シーナは電子顕微鏡(SEM)で昆虫を観察する度に思うのですが、もし昆虫が人間以上の大きさだったらすごく怖いですよね。
進撃の巨人にちなんで、進撃の巨大アリ、ってとこですかね。
小さくてよかったなあ。

 

The following two tabs change content below.
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった
シーナ

シーナ

<お仕事>シルラボの電子顕微鏡観察担当<専門> SEM/EDX、IRを使用した異物の調査<趣味>国内外旅行、食べ歩き<特徴>ちょっと茨城弁が強い、喋ると残念な人らしい・・・<最近の出来事>虫を見ると捕まえてついSEM観察してしまうので、虫が寄って来なくなった

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)