アルデヒド・VOC類を測定してみませんか?簡単サンプリングの後は送り返すだけ。 | シルラボ お部屋の空気クリニック

SHIRU-LAB
logo border 画像
企業の研究所をネットで身近に! あなたの「知りたい」をサポートします。
お問い合わせ
お申込みはこちら
  • 1st 知る
  • 2nd 調べる
  • 3rd 対策する
  • 空気診断ご利用ガイド
  1. ホーム
  2.  > 
  3. お部屋の空気クリニック
  4.  > 
  5. 1st 知る
  6.  > 
  7. お部屋の空気中のVOC

1st 「知る」

お部屋の空気中のVOC

私達がくらしている部屋の空気には、どの程度のVOCが含まれているのでしょうか。

建物からのVOC放散の影響を低減するための対策が施されています。

 2003年7月のシックハウス対策に係る建築基準法の改正施行により、これ以降に着工された新築・増改築物件では、クロルピリホスを含む建材の使用禁止やホルムアルデヒド材を含む建材の使用制限、24時間換気設備設置の義務化など、建物からのVOC放散の影響を低減するための対策が施されています。
 しかし、これ以前の建物に規制はありません。また、建築確認申請が不要な増改築(リフォーム)では、法令の確認不足などにより、これらの対策が施されないケースもあるようです。

 「身の回りのVOC」でも述べたように、部屋の中の家具、カーペット、日用品からもVOCは発散しています。各関連業界団体が低ホルムアルデヒド材(エコマークやF☆☆☆☆※3表示がされている)を使用するなどの自主規制を設けていますが、全ての製品が対応しているわけではありません。その部屋に何があるかで、部屋の空気に含まれるVOC量が異なります。
 部屋の空気に含まれるVOCの量は、どのような建物なのか、その部屋に何があるかによるため、「平均でこの程度」と述べられないのが現状です。

※3 材料から放散されるホルムアルデヒドの放散量を示す表示で、
   放散量の少ない順にF☆☆☆☆からF☆のランクに分けられています。

部屋の空気に含まれるVOCの量は、どのような建物なのか、その部屋に何があるかによるため、「平均でこの程度」と述べられないのが現状です。
私の部屋は大丈夫・・・?
VOCについての危険性や有害性の情報だけで不安になっていませんか?
お部屋の空気にどの程度存在するかを知ることが、安心を手に入れる第一歩です。

シルラボが、お部屋の空気の安心・安全をサポートします!

 シルラボでは、生活に起因する可能性が高い化学物質として7物質
(表3)をとりあげています。なお、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」では、このうち、アセトアルデヒドとパラジクロロベンゼンを除く5物質を測定対象物質としています。

表3 生活に起因する可能性が高い化学物質

品確法
対象物質
ホルムアルデヒド、トルエン、
キシレン、エチルベンゼン、スチレン
その他の
物質
アセトアルデヒド、
パラジクロロベンゼン

シルラボ”お部屋の空気診断”の特徴

  • 品確法に準拠した方法で上記7物質を分析
  • 上記7物質以外の検出成分の概要情報も提供
  • 分析結果を厚労省の指針値と比較して診断
  • 今お住まいの状態での空気を診断
  • 日程調整や業者の出入りが不要!
    (お部屋の空気をお客様に採取していただきます)
  • 診断結果はレポートで提出
  • レポート見本はコチラ

お部屋の中にはどれくらいのVOCが・・・?そんな疑問にお応えします。